midnight speaker

FLOWER FLOWERのドラマーsacchan=佐治宣英のdiaryや、佐治宣英ドラムスクールのこととか

*

継続することの意味

   

こんにちは。

 

先日、1年半くらい継続してドラムレッスンを受けて頂いている方々をレッスンしてきました。

 

とても仲の良いお二人で、一緒にレッスンを受けてみたい、ということだったので、そのお二人だけグループレッスンを行っています。

 

スポンサーリンク

少しずつでも続けることで成果が出てくる

レッスンでは、今回はこれというようなテーマ、フレーズ、パターンを決めて、そのフレーズが使われている好きな曲に合わせて叩くということをよくやっています。

 

プロを目指したいという方の場合は、あまりやらないのですが、まだ叩き始めて間もない方の場合は、やっぱり曲に合わせて叩く方が楽しいんですよね。

 

でも、曲に合わせて叩くということもやりつつ、一定時間はメカニックな練習も行うようにしています。たぶんこちらの練習は、つまらないとは思うんですけどね笑。

 

残念ながら、メカニックな練習は、上達の上では不可欠だからです。

 

好きなこともやりつつ、少し面倒だなと思うこともやる必要がある。人生と一緒ですね笑。

 

先日、上に書かせてもらったお二人のレッスンで、そのメカニックな練習時間に、1年半の方には結構高度かな?と思う練習にチャレンジしてみました。

 

時間は少しかかりましたが、1人の方はその高度な練習をクリア、もう1人の方も、次回にはクリアできそうな雰囲気でした。

 

1年半前には、そんな練習をクリアできるとはとても思えなかったし、本当にうれしかったです。

 

その練習をクリア出来たのは、継続してレッスンを受けてくれていること、そしてお二人自身が、密かに練習してくれているからなんですね。僕より熱心に練習してるんじゃないか?と思うこともあるくらいで笑、頭が下がります。

 

今後も、レッスン生の方が、基本は楽しく、そして少しだけメカニックな練習もこなして、叩ける幅を増やせるようなレッスンをしていこうと思っています。

 

P.S

佐治宣英ドラムスクールでは、体験レッスンを随時受け付けています。1/31受け付け分まで、45分体験レッスンが完全無料です。

 

ドラムを叩いてみたいな、なんか気になるな・・と思うのであれば、是非気軽に体験レッスンを受けに来てくださいね。

 

場所は、渋谷か、東横線の白楽(横浜)になります。

 

また、基本的には、個人レッスンになりますが、仲の良いお友達と一緒にレッスンを受けたい!という場合も、お気軽にご相談下さいね。

レッスンについての詳しい内容は、こちらをご覧下さい。

 - 佐治宣英ドラムスクール