midnight speaker

FLOWER FLOWERのドラマーsacchan=佐治宣英のdiaryとか

*

いかに人と違う土俵で勝負をするのか?

   

こんにちは。

 

ちょっと前に、みうらじゅんさんの

『「ない仕事」の作り方』という本を買って、読みました。

 

IMG_0613

 

本屋で立ち読みしたら、1人で笑ってしまい、

立ち読みのままで読み終えることも出来るくらいのボリュームだったのですが、

笑い続けるのも、どーも恥ずかしかったので、買いました(笑)

 

ですが、内容は、最高です。

大してボリュームはないのですが(笑)

 

一言で言えば、

人と違うことやんなさいよ、ってことだったです。

 

そもそも人と同じことに注目しない、隙間を狙う。

同じものを見る場合には、別の視点から見てみる。

既にある概念同士を組み合わせて、さも新しい概念かのように仕立てる。

そして、それを自分で勝手にネーミングする。

そうすれば、その瞬間から、自分がその分野の第一人者になれる。

 

そんなことを言ってます。

 

よくないすか?

今あるものを組み合わせて、自分でネーミングしたら、

自分第一人者(笑)その分野の権威(笑)

 

○○先生!ご意見を伺いたいんすが・・って言われちゃうかもしれない(笑)

 

 

人と同じじゃなきゃダメなのかな?って悩んだりする人にとっては、

とても勇気の出る本田、本だと思います。

 

違ってていいんです。

是非違おう!(日本語崩壊)

 

あと、スモールビジネスオーナーにとっては、

とても大切な視点があるんじゃないのかなあ?と思います。

 

ま、そんな話はさておき、かなり笑えます。

 

昔見てた、みうらさんのこのページは好きだったなあ。

 

ではまた。

いつもありがとうございます。

 

 - 日々思うこと