midnight speaker

ドラマー佐治宣英のdiaryとか

*

行ったり来たり

   

こんにちは。

 

最近、「抽象」と「具体」というような、全く逆の概念を行った来たりというか、

どちらに偏ること無く、その両輪を回していくことが大事だなと思っています。

 

僕の音楽の話で言えば、

一番大きい捉え方は「音楽とは何ぞや?」とかそんな話で、

もう少し抽象度を下げれば「曲そのものを捉える」とか、それくらいの話になります。

 

でも、それがわかっただけでは、

実際には音楽を、そしてドラムを演奏出来ない。

 

ドラムを演奏する為の具体的な話になってくると、

「基本的なドラムの叩き方」から始まって、

もの凄い具体的な話になると「小指の使い方」みたいな

僕自身もあまり分からない話になってきます(笑)

 

「本質」と「テクニック」の両輪をまわす

15304210993_bc874328b5_k

 

「音楽とは何か?」みたいな本質的なこと、抽象的なこと。

「ドラムがいかに上手くなるか?」というテクニック的なこと、具体的なこと。

そのどちらも欠けちゃいけない。

 

僕は、どちらかと言えば、「テクニック的な話」から、

もう10年以上目を背けていますね(笑)

それはいかん(笑)

 

「抽象的なこと」ばかりを追い求めて、

結局は実務が出来ないということにもなりかねないし、

かたや「具体的なこと」ばかりを追求して、

全く本質を突いていなかった、なんてこともありますよね。

 

だから「本質」と「テクニック」、どちらも欠けちゃいけないなあと

思っているのです。

 

今の僕でいえば、

音楽をたくさん聞いたり、たくさんのいろんな経験をして、人間力を上げつつ、

たくさん練習して、ドラム力を上げろよ、ってことなんですがね。

 

ではまた。

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 日々思うこと ,