midnight speaker

FLOWER FLOWERのドラマーsacchan=佐治宣英のdiaryとか

*

自分が勝負出来るフィールドって?

      2017/06/08

こんにちは。

 

Kinki Kids、MTVアンプラグド出るんすね。こりゃ楽しみですね。すげー見たい←ファン笑

 

スポンサーリンク

FLOWER FLOWERのワンマンライブ用のスタジオリハで

さて、FLOWER FLOWERの初ワンマンの準備が着々と進んでいます。

 

先日4人でスタジオに入って、そうなんだあ、と思うことがありました。

 

僕のドラムって、そんなに多くを語らなくても、まあそこそこカッコいいと思っていたんです、自分では笑。アホか笑。

 

でも、それよりも、なんかちょっと変なアプローチをかける時の方が、輝けるのかもしれない、ということを今さら再認識したのでした。

 

今さらかよ笑。

 

他のアーティストをサポートさせて頂く時は、そうとも言えなかったりするんですけどね。

 

歌いにくい、って言われたら、ハイ、すんません・・ってなるだけですもんね。

 

変なアプローチを楽しんでくれる方もいる一方で、毎回同じことをお客さんに提示することが美徳とする方もいるわけで、それは価値観の違い、ということになるんでしょうかね。

 

それはさておき、特にフラフラにおいては、ちょっと変わったアプローチってのは、フックになるし、僕自身も輝けるんだなあと改めて気付いたのでした。

 

自分の強みにフォーカスし、勝負していく

自分の強みが分かったら、そこにフォーカスして、さらに磨きをかけて、勝負をしていく、ってのはどの仕事でも大事なことなんだろうなあ、と思います。

focus-1829305_1920

 

自分が思っている強みと、人から評価される自分の強みが違う場合は、結構難しかったりするんでしょうけど。

 

僕は、学生時代、佐野康夫さんというドラマーに本当に憧れていて、佐野さんみたいなプレイを目指していました。

 

自由なプレイで、絶対に暗くならないドラム、とでも言うんでしょうか。どんな曲でもポップなドラム。

 

その後、少し方向性が変わってきて、近年のSteve Jordanのような、何もしないで、淡々と刻むドラム。だけどその存在感はハンパない、みたいなとこを目指していました。

 

今もそうだけど。

 

今後も、そういう方向を突き詰めて行きつつ、もうちょっと面白いというか、クスって笑えるとか、物事を真正面というより、少し斜めから見ているような、そんなドラム。

 

どんなドラム?笑

 

ちょっと変で面白いドラム、僕という人間が少し出るドラム。誰が叩いてもいいようなドラムじゃなくて、少しだけ新しいとか、そんなドラムを叩いて行きたいなあと改めて思ったのでした。

 

FLOWER FLOWERのライブでも、それを出していきたいなあと思っています。

 

ではまた。いつもありがとうございます。

 

P.S

現在、渋谷、横浜などでドラムレッスンを行っています。個人レッスンです。

 

1時間体験レッスン無料、そして全てのレッスンに100%返金保証が付いたレッスンです。

 

ありがたいことに、現在定員を超えてしまい、レッスンが出来るのは、空きが出次第となります。レッスンを受けたい旨をメールでご連絡頂ければ、順番にご連絡致します。メールアドレスは、sajinorihide.lesson@gmail.comです。

 

興味がある方は、こちらのページをご覧下さい。いつもありがとうございます。

 

 

 

 - 日々思うこと , , ,