midnight speaker

FLOWER FLOWERのドラマーsacchan=佐治宣英のdiaryとか

*

ついに今週からFLOWER FLOWERのライブが始まります

   

こんにちは。

 

昨日は、清木場俊介さんツアー”REBORN”滋賀公演。琵琶湖がすぐ近くの、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールという会場でした。

 

芸術劇場というだけあって、キラキラして、とても素敵なホールで、清木場さんでもよく出させてもらう、横須賀芸術劇場にも少し雰囲気が似ているような気がしました。

 

スポンサーリンク

常に緊張感が漂う清木場俊介ライブ

初日からの修正を経て、少しセットリストも変わり、初日とはまた違った緊張感のあるライブでした。もちろんいいライブでしたよ。

 

僕は丸5年間近く清木場さんの後ろで叩いてきて、変わったところもあるけれど、緊張感だけは変わらないし、そこは慣れない笑。すごいことですね。絶対なあなあにならないですしね。

 

ライブとして、楽しいし、お客さんにも楽しんでもらっているけれど、常にどこかに緊張感が漂う、そんなライブ。

 

スタイルとしては、当日の雰囲気は大事にしつつも、基本的には今まで積み上げてきたことを再現していくスタイル。そのレベルを回を重ねて行くにつれて、上げて行こう。そんな感じでしょうか。

 

あと9公演。レベルアップしていきたいです。

その時のインスピレーションを大切に。FLOWER FLOWERのライブ

live-511556_1920

さて、いよいよ今週からFLOWER FLOWERのワンマンライブがスタートします。

 

やべーついにこの週が来ちまった笑。楽しみです。

 

清木場さんの現場とはうって変わって、フラフラのライブは一期一会感に溢れたライブ。

 

その時の直感を信じて、思ったように演奏出来る箇所がいくつもあって、とても楽しいし、スリリング。

 

僕は、その場面ごとの直感、ヒラメキは常に正しいと思っているし、大事にしたいと思っているので、こんなにありがたいことはありません。もちろん後で聞き返したら、なんで?ってこともあるでしょうけど笑。

 

でも、その時そう感じたんでしょ?ってことなんですよね。まずはそれを隠さないで、出してみなよってことなんです。それが合わなかったら、それはそれで仕方ない。チャレンジしないより、よっぽどいい。

 

もちろんそこまで出来るのは、フラフラだけなので、本当にありがたい場所。

 

でも、いつも同じことを提示出来る自分と、常に変化し続ける自分。どちらも出来る自分でいたいし、どちらのスタンスにもすぐ行き来出来る自分でいたいとも思っています。

 

だから、この時期にフラフラと清木場さんの両方のライブがあるのは、ありがたいことですね。お前、両方ちゃんとやっとけよ、と神様に言われているんでしょうか。

 

それはさておき、フラフラの、スリルに溢れたライブらしいライブを、楽しんでもらえたら嬉しいです。たぶん、歌がある音楽で、これだけ日によって違うライブは、そうはないと思う笑。yuiちゃんもよく歌えるなと思うくらい笑。すげーす。

 

一緒に楽しみましょうね。ライブで会えるのを楽しみにしています!

 

いつもありがとうございます!

 

P.S

現在、渋谷、横浜などでドラムレッスンを行っています。個人レッスンです。

 

1時間体験レッスン無料、そして全てのレッスンに100%返金保証が付いたレッスンです。

 

FLOWER FLOWERでの活動や、他のアーティストの方のサポートが本業の為、沢山の方のレッスンは出来ないのですが、興味がある方は、こちらのページをご覧頂き、メールをお送り下さい。

 

いつもありがとうございます。

 

 

 - 日々思うこと ,