midnight speaker

ドラマー佐治宣英のdiaryとか

*

一番面倒なことをやってみる

   

こんにちは。

 

以前、本質とテクニックみたいな話をしました。

 

例えば、

こうなりたいな、とか、これが出来るようになりたいな、とか

もっと何かの技術が上手くなりたい、とか何かしらの目標があるとしましょう。

 

で、その為には、具体的に自分は何をしたらいいんだ?みたいなことに

結局ブチ当たると思います。結局。

 

こういう場合って、

まず一番簡単なことでもいいからやってみて、

ああ、なるほど、ちょっと出来るじゃん、という感覚を身につける。

 

考えてる時間はほどほどにして、とりあえず何かやる。

そこからフィードバックを得る。

 

で、そのフィードバックの結果、

これやんの一番面倒くさそーだな・・一番やりたくねーんだけど・・という

一番心理的抵抗が大きいことをやるのがいいと、僕は思っています。

 

一番めんどくせー・・って思うようなことをやることが、

最も力になるというか、カギになることなんじゃないかなと思うんです。

 

だからこそ、避けたいと思ってるんですよ、僕は(笑)

 

効率よりも泥臭さが勝つ。たぶん。

water-373780_1920

いやー世の中ってうまく出来てるよなあ。

効率とか能率じゃなくて、泥臭くやってきたヤツが結局上がっていくんじゃねーかなと

思います。

 

サッカーでいうところの、中山ゴンとか、岡崎とか、そういう世界観っていうんですかね。

それ見た目だけ(笑)

他の方々も、アホみたいに練習してるっつーの(笑)

 

面倒なことをやるか、やらないか。

あ、間違えた、やるか?やらんか?(←©清木場俊介 笑)

 

さ、今日は何をやろうか?

 

ではまた。

いつもありがとうございます。

 - 日々思うこと